【驚愕】南極に墜落した「謎の物体!」に世界が震えた。

今回のテーマは「南極の不思議」についてです。

ピラミッドやら巨大階段やら…

ミステリアスな痕跡が次々発見される南極大陸。

これまでにも、例えば、こんな噂が↓

南極大陸の氷の下3200メートルの地点に、古代の巨大都市が眠っている可能性があるという。事実であるなら、人類の歴史を書き換える大発見となる。

考古学者で冒険家のジョナサン・グレイ氏の情報によると、カリフォルニアのテレビ局の取材班が南極の巨大遺跡の証拠をつかみ、ビデオ映像に収めたとされる。しかし、2002年11月以降、このテレビ取材班は行方不明の状態となっている。

そんな中、かつてナチス・ドイツの秘密施設も存在したと噂される極寒の地で、

またしても異様な物体が発見されたという情報が入って来ました。

さっそく、見ていきましょう!

次ページへ続きます

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/11/24(土) 09:59:46

      いきなり瓦礫降る南極の荒海飛び込むだけでも驚愕だったのに胸から血ダラダラ流して上がってくるから熊公がめちゃくちゃ心配するけど本人はそんな表層上の痛みなんてむしろ感じないほどにはその奥の部分が痛むというかむしりとられたような空洞ができて呼吸すら覚束ないかもしれない

    記事に戻る

関連記事